2008年12月31日

”常識”から少しズレてみませんか?

常識に拘(こだわ)る人ほどダメになる!
そんな気がしませんか?

何となく、「ビジネスの常識」の様なモノがある気がするけれど、その「常識」にとらわれればとらわれるほどうまく行っていない人や会社が多い!と感じるのは僕だけでしょうか?

その理由は簡単!

常識自体が「変化」しているからなんですね。
だから、それに従ってもうまく行くはずが無いんです。

だから、その常識を少しだけ斜めから見てみる。
なんとなく「今まで通り!」「みんなと同じ方向」「上司・先輩の言うとおり!」

そんな「常識」を捨て、とにかく「角度」を変えてみる事が必要です。

180度逆からものごとを見るのは大変でも、14度くらいズラシてみる。

そんな中から、あなただけのスゴイ新発見があるかもしれませんよ!

このコラムは、あなたを「ほ〜ほ〜!」と感心させたいわけではありません。
「な〜るほど!」と手を打たせたいわけでもありません。

あなたに、ちょっとした「コレだ!」を発見して欲しい!
そのために、この「コラム」、スタートさせました。

さて、一緒に”脱・常識”の旅に出てみませんか?


最新記事はこの下↓!
posted by 中山マコト at 10:00| Comment(30) | TrackBack(0) | 宣言! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

売れるバイブル!!

僕は、「リアルビジネス」の世界で20年以上仕事をして来ました。

数々の方と知り合い、一緒に実績を上げて来ました。

その中で、素晴らしい実績を上げている方、もう少しここを

こう変えればグン!と良くなるのに!と感じる方。

なんか、的はずれな努力をしているな〜と見える方。

色んな方にお会いして来ました。

そして、うまく行っている方に共通している「あるファクター」を

発見しました。

それは・・・・

客観性!

もちろん、素晴らしい実績を上げている方は、「発想力」も

スゴイし、また「行動力」もスゴイものを持っていらっしゃいます。

でも、逆に「発想力」と「行動力」は持ち合わせているのに、

どうも「ダメ!」な人って多いです。

で、そんな方に共通して欠けているのが「客観性」なんですね。

で、そのとても重要な「客観性」を磨くやり方は沢山あるんです

が、僕がかなり前から一貫して言い続けているのが

「人に訊く!」と言うこと。

人に訊く事で、自分だけの狭い世界に嵌り込まず、広い視野で、色んな角度から「自分自身」や「自分のやろうとしている事」

をチェックする事ができるんです。

その「客観性」の正体である「自分以外の視点で自分を

見てみる!」、その事だけに焦点を絞ったのが、この、

バカ売れのネタをタダで人から教わる悪魔の方法!

なんですね。

「小売業」「飲食業」「サービス業」「営業職」。

人と向き合う事が何よりも大切なそんなお仕事にとって、

最も大切な「客観性」を見つけるための中山唯一のテキスト。

それが、この

バカ売れのネタをタダで人から教わる悪魔の方法!

なんです。

もっと詳しく知りたい!とおっしゃる方は、ここから先を読んでみて下さい。

僕からの大切なメッセージが書かれています。



--------------------------------------------------------------------------------


〜まだ、苦しみながら売り続けるつもりですか?〜

(売れた38事例、包みかくさず一挙掲載!)


★バカ売れのネタを、タダで人から教わる

悪魔の方法!★



あなたは、売りたいんですよね?

売れないと困るんですよね?

だからこそ、今、ココを読んでいるんですよね?

だったら、今すぐ、


『自分で考える事』をやめてください!


正直、百害あって、一利なし!です。


この私が断言します。

かく言う私も、ついこの間まで、

「自分で考える事の罠」にしっかりハマっていた

一人です。

必死で考えていました・・・自分で・・・。

泣きながら、ひねり出していました・・・企画を・・・

コピーを・・・。

でも売れませんでした。


そう、自分で考えようとしていたから「ダメ」だったん

ですヨ!



初めまして!

シンクロニストの中山マコトです。

あなたは今日、この瞬間から、企画で悩む生活から

解放されます!


何故?って?

このレポートが、あなたの悩み、苦しみをすぐに

解決してくれるからです。

そう言うあなた、誰?「シンクロニスト」ってなに?

って今、思いましたよね?

その答えは・・・・「シンクロさせる人」です。




そういう2つの「気持ち」をシンクロさせて、

売れる状態を創りだす仕事です。


「売れない」と言うのは、この「気持ち」が、

かみ合っていない状態を言うわけです。



人は「感情」の生き物です。


人が、商品を買ったり、サービスを利用したり、

取引を始める時、そこには必ず、なんらかの

「気持ち」の動きがあります。

つまり、この「気持ち」をシンクロさせる事さえできれば、

商品や、サービスは売れて行く!と言う事に

なるんです。

でも、そのやり方を、誰も教えてくれない!

本当に、誰一人として、その一番大事な

「人の気持ちになる方法」

を教えてくれませんでした。


ここで、あなたに質問です。

あなたは、これまで「企画のノウハウ本」とか

「コピーの書き方の本」、何冊くらい読みましたか?

1冊?3冊?5冊?10冊?ひょっとして・・・それ以上?

これは「役に立った!」と言う本、ありましたか?

で、そんな本に、必ずと言って良いくらい

書かれている事。


それは、

人の気持ちを考えろ!

感情を動かせ!

お客さんの立場で、発想しろ!



あなたが、これまで販促の企画本とか、

コピーの書き方の本を一冊でも読んだことがあるなら、その内容を今、思い返してください。

「人の気持ちになる方法」、どこかに

書いてありましたか?

一行でも、読んだ記憶、ありますか?

記憶に残っている、コトバ、ありますか?


無いでしょ?


そう、無いんです!


どこにも、書いてありません。


一番大事!重要だ!と言っていながら、

そのやり方がどこにも書いてないんです。


これって、とってもおかしくないですか?

そりゃ、いかにも出来そうな事は書いてあります。

これを真似すれば、お客の気持ちなんて、

コロッ!ですって・・・。


で、あなたはどうしました?

色々と、真似てみましたか?

結果、どうでした?



売れる企画、出来ました?



売れるキャッチコピー、浮かびました?



できませんでしたよね?

それ、当然なんです!



だって、はなから、

やり方が間違ってる

んですから。


どんな企画本を読んでも、どこにも、一行も、

「人の気持ちになる方法」と、そのやり方は書かれて

いません。

これっておかしくないですか?



もう一度言います。


あなたは売りたいんですよね?


売れないと困るんですよね?


売るための「方法論」が欲しいんですよね?


だったら、自分で考える事をやめてください!


あなたが売れなかった理由は、たった一つ・・・。


それは・・・


あなたが「自分で考えていた」からなんです。



え?今、なんて言った?

自分で考えるな!

え?

え?

ウソでしょ?


そんな・・・自分で考えないでどうするのよ・・・。

自分で考えないで、企画なんてできっこないじゃん!

売る企画なんて、自分で考えないで誰が考えるのよ!

企画のプロに頼む予算なんて無いから

困ってるんじゃないの!

誰かに頼むお金があるなら、とっくにそうしてるよ!

それが出来ないから、必死になって、

自分のチカラで考えてるんじゃんか!


って、思いましたよね?


あなたのお怒りはもっともです。

そう、予算も、時間も、知恵も無いから、

あなたは困っているわけです。

だからこそ、今、ココを読んでいるワケですよね?


こんな事実があります。



◆ ある事をしただけで、あるコンビニの弁当売り場の売り上げは、一気に2倍になりました!
 
◆ ある事をやった結果、あるスーパーのチェーンは、「ビール売り場の売り上げ」を2.2倍に増やしました!
 
◆ ある事をやったおかげで、ある「GMSのペットボトル売り上げ」は4倍増を達成しました!
 
◆ ある事をやったおかげで、あるコンビニのチェーンは、どこにでも売ってる「栄養補助食品」の売り上げを5.8倍に増やしました。
 
◆ ある事をやったおかげで、ある「普通のおむすび屋さん」は、たった一夜にして「行列のできる店」に大変身しました。
 
◆ ある事をやったおかげで、なんの変哲もない、コンビニのパンストの売り上げが、一挙に3倍に増えました。
 



ごめんなさい!

業務の契約上、具体的な店名を明かすことが

できないのが、申しわけないですが、

これはすべて・・・・・・事実です。

もっともっと、ここには書ききれないほどの

「売れた実例」が沢山あります。


でも、やっぱり・・・そんな虫のいい話なんて

あるわけないじゃん!

どうせ、立地も抜群、予算も潤沢にある店の事

じゃないの?信じられないな〜。

そう感じたあなた・・・。


あなたはすでに


「自分で考えるシンドローム」


に陥っています。


企画なんて、自分で考えようとするからダメなんです!



あなたが知ってる、あなたが体験した事なんて、

実に小さくて、狭い・・・。



その中で、考えようとしても、正直、ろくな事は

ありません。

例えば、こんな例はいかがでしょうか?

あなたが、男性だとして、女性向けの生理用品の

販促を考えないといけない・・・としましょう。

あなた、分かります?

実に、デリケートで、微妙な女性のキモチ、カラダの

メカニズム・・・。

あなた、想像できますか?


分かるはず、無いんです。


例えば、あなたが女性だとしましょう!

男性用の「シェーバー」。

どんな企画を立てれば、男性が「フムフム、

よさそうじゃん!」って思って買ってくれるかなんて、

想像できますか?


絶対に、出来ません!

だから・・・


自分で考えてはいけない!んです。

では、どうすれば良いのか?


どうすれば、売れる「企画」、売れる「キャッチコピー」

が書ける様になるんだろうか?

知りたいですか?

知りたいですよね?

このレポートには、私自身が自ら実践し、

多くの人達にお教えして来た、その『ある事』の中身が

ビッシリ詰め込まれています。

□ みるみる売れ出す「販促企画」の創り方!
□ あっという間にできる、売れるキャッチコピーの

 書き方!

が凝縮されています。


無料(タダ)でできます!

誰でもできます。

すぐにできます!
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
ただし、このレポートは、ある意味「劇薬」でもあります。

あなたが、これまで知っていた「知識」とか「方法論」

が根底から、崩れてしまう恐れがあるからです。

あなたの、これまでやってきた事!

あなたがコレまで信じていたやり方!


全否定!

されます。




ここで、一つ、証拠をお見せしましょう!

すでにこのレポートをお読みになられた方からの

「感想」です。

 中山様、はじめまして。
私は○○と申します。
大阪在住の36歳の男です。
読ませていただきました、「悪魔のレポート!」。
受け取った直後、一日に読みきろう!となぜか

意気込んでしまい、本日受け取り、本日・・・

今読み終わったところです。
いつも書籍を読む場合は、中途半端なところで

終わるのに、こんな事は生まれて初めてです。
内容ですが、"すっごい、ビックリしました!"が

正直な感想で、早速明日から実践します。
今はそれのみが率直な感想です。
調度今、事業を始めようと考えていて、凄く参考に

なり、励まされました。
本当にありがとうございました。
これからも中山様のご活躍、心から望んでおります。


 はじめまして。
「悪魔のレポート!」を拝読しました。
マーケティング・リサーチの問題点を暴いて逆手を

取るような痛快で実践的な内容でした。
これまでマーケティングやビジネス関係の本を

千冊ぐらい読んできましたが(オタクみたいで

すみません)、「悪魔のレポート!」は何が本質的に

重要なのかを問いかけ、原点に帰らせてくれる

レポートでした。

私は現在、マーケティングの勉強会に参加して

いるので、仲間にも紹介させていただきたいと

思います。

中略

ホンネを訊き出すということは、訊かれる側にも

向上心や問題意識があるから価値ある答えが

返せるのではないでしょうか。となれば、仕事に

対しても、このレポートにある手法で問題意識を

探り出して、それにマッチした人材配置を行えば、

長い目で見れば、やりがいも、業績も向上して

会社も社員も消費者もWin-Win-Winの関係に

なっていく可能性が高いでしょう。
私は現在人事の仕事をしておりますので、

そういった観点からも参考にさせていただきたいと

考えています。
長文の感想で失礼いたしました。末筆ながら、

中山様の今後の一層のご活躍をお祈り申し上げます。 


 はじめてメールさせていただきます。

「悪魔のレポート!」今、読み終わりました。
今までフィリップコトラーを含めて多数の

マーケティング本を読みましたが、これほど実践的な

内容は初めてでした。

当たり前なようで「新しい!」理論ですね。
私も調査関係の会社で働いていますが、調査手法

(もとより手法などと呼べるものはありませんが)を

考えなおすというより、調査ビジネスをマーケティング

する上で役立てたいと思っています。
さっそくキキダシに行きたいと思います!!

これからもよろしくお願いします。 


顧客主体、顧客中心ということが一体どういう

ことなのかを実践を通してわかり易く教えてくれて

いると思います。
これは、単に「販売促進」、「市場調査」、「商品企画」

という分野に限ることなく、ビジネス全般における

基本的かつもっとも重要な部分をユニークな切口で

解説してくれているのではないかと思います。
私自身が常々考えていて、挑戦しようとしていること

のひとつでもありますが、中山さま自身の貴重な

経験を基にそのノウハウを惜しみなく書き下ろし、

他人に伝えようとする姿勢に強く共鳴します。
多少くたびれてきた自らの頭脳と身体にムチウッテ

もうひと踏ん張りしなければと勇気を与えてくれた

一冊です。
さっそく、いまから「シンクロナイズド・ヒアリング」!


とりあえずどんな内容なのか読みはじめました。

読み進めるうちに、「これはウチの店(男性向け紳士

服販売店を経営してます)でも使える!」と思い、

さっそく2時間半で読破。お店に帰り、それまで

いろんな商品に付けていた特売のPOPを重点商品

(価格が高くて利益率がいい商品です)に絞って、

変えてみたところ、その効果がその週末には見事に

出てきました。この内容で、この価格、2時間半の

読書時間のもとはすっかり取れました。

わたしは、コピーライターである。
職業柄というわけではないが、こういうハウツー

レポートものは、大好きで、これまでも書庫いっぱいの

「書籍」を買い込み、そのほとんどは、読んでも頭に

入ることなく、あるいは途中で読む意欲がなくなったり

する、まったく役に立たない本であった。
ところが、これは、違う。タイトルからして、

秀逸である。
「バカ売れのネタをタダで教わる!」、だぜ。

いきなり、直球。
中山マコト氏は、結論というか、いちばんおいしい

ところを、「ネーミング」しているのだ。
惜し気もなく独自の秘法を、開陳してしまって

いるのだ!
しかも、書いてあるのは、ほんとうに誰でも実践できる

ことなのだ。
これは、ヤバイ。相当に危険である!
広告やマーケティングのプロフェッショナルは、

これを眼にすると、あまりの読みやすさに

あっという間に読んでしまい、そして、自分たちだけが

密かに伝承してきた門外不出のノウハウが、

オープンになってしまうことに気づき、ある日、

愕然とする。
プロに頼む必要なんて、ないじゃないか。
そう気づいた得意先から、もう来なくていいよ、君。
そんな電話がいつかかってくるかと、いま私は

ドキドキである。
お金があったら全部買い占めて、売れるための

企画の秘策を考えている人の目にはぜったいに

触れさせたくない。







--------------------------------------------------------------------------------


このレポートは、こんな方にお勧めします!



◆ 売り上げが上がらずに困っている「店長」「オーナー」さん。

◆ 毎日、売れる企画が出来ないで悩み続けている担当者!

◆ 本部の企画が生ぬるい!と日々感じている責任者。

◆ 広告代理店の企画担当者!
◆ メーカーの「販促」担当者!
◆ 中小企業の「営業責任者」
◆ 企画のノウハウ本をこれまで2冊以上読んだ方!
◆ お客さんの喜ぶ顔を見ると自分も嬉しくなってしまう人。




このレポートには、私が、2000人以上の「生活者」と

お会いするなかで、育んできた「門外不出」の

ノウハウを凝縮しました。

たくさんの商品やサービスを売ってきた「スキル」が

書かれています。

門外不出だった「企画法」が事細かに書かれています。


しかし、ただの、私のやり方を、一方的に押しつける

だけの「ハウツー本」ではありません。

この方法を使えば、どんな素敵で楽しい「売れる世界」

があなたを待っているか?

沢山の実例、今すぐあなたのビジネスに取り入れて

いただける「実例」を豊富に紹介しながら、

一緒に考えていく構造になっています。

実行する事で、成果をもたらす内容になっています。

ですから、こんな方には向きません。

● 働く事が嫌いな方
● 手軽に「ハウツー」だけを手に入れたい方
● 支払ったのだから、保証しろ!とおっしゃる方
● 実践出来ない方
● 人の真似、誰かがやった事の焼き直しで充分!と言う方
● すぐに真似できる「成功事例」の収集家!
● お客さんの笑顔より、売り上げが大事!と言う方!




すみません!ここで、お別れしましょう!



--------------------------------------------------------------------------------


私が、20年以上の販促・広告・コピーライティングの

世界で、戦い、そして勝ち取ってきたノウハウを

すべて晒した、このレポート!


★バカ売れのネタを、タダで人から教わる悪魔の方法!★



 〜自分で悩まずに、無料で、今日から、

自力で出きる「超販促企画法」〜

は、こんな内容で構成されています。





--------------------------------------------------------------------------------
<目次>

第1章:実践編

★人の気持ちって、どうやったらつかめるの?★

 事例@:飛ぶように売れたビール!

 事例A:揚げ物、抜きました!

 事例B:生まれ変わったチョコレート!

 訊き出す!効き出す!危機、脱す!

 事例C:お茶なんだか、水なんだか!

 事例D:清涼飲料茶!


第2章:新たな価値の生み出し方

 ●ココロのサブマーケットを引きずり出せ!

 @右にも左にも、上にも下にも「市場」は

 隠れている!

 A「新たなカテゴリ」を創り出せ!


第3章:メソッド

具体的なメソッド!


第4章:スキル&テクニック集


第5章:テクニックの活かし方

 ★売れる企画を生み出すためのポイント!
  実践:企画道場!

第6章:実例集:ショートストーリー
(実践例満載→目玉です)


A4サイズ:300ページ。



--------------------------------------------------------------------------------
さて、このレポート、気になるお値段ですが・・・

14,800円とする事にしました。

料金はすべて前払いとさせていただいております。

今なら、中山のメールサポート(一ヶ月間、メールでの質問、問い合わせし放題!)がついています。

これだけで、10万円の価値はあると思いますが、

いかがでしょうか?

もし、興味のある方は、お名前、ご住所、電話番号を

明記して、こちらまでメールを下さい。
h-wave1984makin@jcom.home.ne.jp

タイトルは、レポート!として下さい。

お振り込み先をお知らせするメールを返送致します。

ご入金の確認後、すぐに「PDFファイル」を

お送り致します。
posted by 中山マコト at 14:47| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。